create-virtual.comブログ

人物キャラクターデザイン、キャラクターモデリング、前各号に付帯関連する一切の事業

Home > 【ZBrush】よく使うZBrushのショートカットキーまとめ【hotkey】

【ZBrush】よく使うZBrushのショートカットキーまとめ【hotkey】

CG ZBrush


Shift + Fでポリグループ表示のON/OFF切り替え

Shift + S でスナップショット。スナップショットは上記左と真ん中のモデル(2D表示)です。複数視点からの静止画や確認などをしたいときによく使います。
Ctrl+Nでスナップショットの表示を消せます。



Shift+RでBPRレンダー表示。


F で全体表示とフォーカス表示の切り替え。画面がどこかにいってしまった場合はFを押すと選択中のサブツールにフォーカスしたり、表示中のサブツールすべてが収まるように全体表示したりします。


Ctrl + Shift +表示したい領域をドラッグで緑枠で選択した領域が表示されます。
Ctrl + Shift + Alt + 非表示にしたい領域をドラッグで赤枠で選択した領域が非表示になります。
Ctrl + Shift + 何もないところをドラッグで表示領域、非表示領域の反転をします。
Ctrl + Shift + 何もないところをクリックで、一部表示状態を解除し、すべて表示されます。


Ctrl + マスクしたい領域をドラッグでマスクを描くことができます。
Ctrl + 何もない領域をクリックするとマスクされている領域が反転します。
Ctrl + 何もない領域をドラッグするとマスクが解除されます。
マスクを描いた状態でCtrl + モデルをクリックするとマスクにblur(ぼかし)がかかります。
マスクを描いた状態でCtrl + Alt + モデルをクリックするとマスクにシャープがかかります。

Sを押すとブラシサイズを変更するスライダーを表示します。

よく使うというわけではないですが、意図せずこれになって困った経験があるので一応書いておきます。
Vを押すと、図のようにメインカラーとセカンダリカラーが入れ替わるため、急にモデルが真っ黒になったりします。
Vを押すともとに戻るので慌てないようにしましょう。本来はシルエットの確認などに便利な機能ですが、最近のZBrushは左上に常にシルエットが表示されるのであまり役目はないかもしれません。


Ctrl+Altを押した状態で、ホットキーを割り当てたいボタンをクリックし、その後に割り当てるキーをキーボードで押すと、そのホットキーがアサインされます。
次回起動時以降もホットキーを使いたい場合は、Preferences→Hotkeys→Storeで保存しておきます。


Ctrl+Shift+i 現在のボタンの配置などコンフィグ情報の保存をします。Preferences→Store Configボタン押下と同じ結果です。



ボタン上部のLineとFillはOn/Off切り替えができます。LineをOffにするとメッシュのワイヤフレーム表示が消えます。